上棟式

完成までの流れ

上棟式とは

無事に棟上げをしたことに感謝して建物の神と匠の神に今後の工事の安全を祈願する儀式
木造軸組の場合、骨組が完成して棟木を棟に上げるときに行う儀式。「建前(たてまえ)」とも呼び、工事に関わった人が一同に会します。魔よけのための弊束(へいそく)を鬼門に向けて立て、塩・お神酒・米を四隅の柱にまき、天地四方の神を拝みます。地鎮祭と違って神主を呼ばないことが多く(地域によって異なります)、現場監督が式を進めることがほとんど。施主が工事関係者をもてなす意味合いも含まれています。

上棟式の流れ
  • 登志工務店が創造する森の家とは
  • 登志工務店のリフォーム施工例がパナソニックの「わが家見なおし隊」に掲載されました!!
  • 太陽光発電システム施工店
  • お見積り無料
  • 登志工務店の匠たち
  • 登志工務店の施工実績
  • 森の家ブログ
  • 登志工務店の家づくり TB外断熱工法 高気密・高断熱 計画換気 健康に配慮 伝統的工法
お電話でもお見積もり無料。お気軽にご相談ください。TEL048-768-8653
埼玉の登志工務店トップ森の家とはTB外断熱工法高気密・高断熱計画換気健康に配慮伝統的工法
業務案内新築改築古民家再生施工例完成までの流れごあいさつ匠の紹介お見積もり
インフォメーションアクセスマップリンクお問い合わせ会社概要プライバシーポリシー