地鎮祭

完成までの流れ

地鎮祭とは

土木・建築工事を始める前に、土地の氏神を祀る儀式。土地を清め、工事の無事や家主の繁栄を祈ります
土木工事や建築工事を行う土地の氏神様に、土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式です。神主を招いて氏神にお供え物をし、お払いをして土地を清め、施主が始めてその土地に鍬や鋤を入れます。斎主たる神職(神主)のもと、施主、施工会社、工事関係者が一同に会し、工事の無事を祈るので、「安全祈願祭」と呼ばれることも。

地鎮祭の流れ

祭壇・土地・参列者をお浄めします。

神様をお迎えします。

神様にお供え物を差し上げます。

神様に祈りの詞をささげます。

神職が工事を行う土地を清めます。

「刈初」「穿初」「土均」の後、鎮物を納めます。

神前に玉串を捧げます。

お供え物をお下げします。

神様にお帰りいただきます。

地鎮祭の終了を告げます。

お神酒をいただきます。

  • 登志工務店が創造する森の家とは
  • 登志工務店のリフォーム施工例がパナソニックの「わが家見なおし隊」に掲載されました!!
  • 太陽光発電システム施工店
  • お見積り無料
  • 登志工務店の匠たち
  • 登志工務店の施工実績
  • 森の家ブログ
  • 登志工務店の家づくり TB外断熱工法 高気密・高断熱 計画換気 健康に配慮 伝統的工法
お電話でもお見積もり無料。お気軽にご相談ください。TEL048-768-8653
埼玉の登志工務店トップ森の家とはTB外断熱工法高気密・高断熱計画換気健康に配慮伝統的工法
業務案内新築改築古民家再生施工例完成までの流れごあいさつ匠の紹介お見積もり
インフォメーションアクセスマップリンクお問い合わせ会社概要プライバシーポリシー