高気密・高断熱

森の家ってどんな家なの?

高気密・高断熱について

室内の温度変動をコントロールして“夏は涼しく、冬は暖かい”空間を実現するシステム
高気密・高断熱住宅は、外気をシャットアウトし、なおかつ室内の暖かさや涼しさを逃さない工法でつくられています。気密性が高ければ高いほど、家中の温度が平均的に保たれ、冷暖房効果や省エネ効果が高まるのです。

高気密・高断熱の家はこんなに快適

冬場、トイレや浴室などで急激に寒い思いをしたり、暖房をつけても足元が冷たく顔は火照っていたりと、不快な経験をしたことはありませんか。これは、気密性や断熱性が悪いために、室内に温度差があったからだと考えられます。高気密・高断熱住宅なら、そんな温度差も少なく快適に過ごせます。

機密性の高い・低い家の比較

気密性・断熱性の低い家は、いわばザルで水をすくうようなもの。室内で冷暖房を効かせても、冷 気や暖かい空気はどんどん逃げ、外気が容赦なく入ってしまいます。一方、高気密・高断熱の家なら、室内の冷気や熱を外に逃がさず、外からも入ってこないので、快適な温度をキープ。

冷輻射による不快ゾーン比較

冬場、窓に近づくとヒヤッと冷気を感じる現象を「冷輻射」と言います。窓が1枚ガラスの場合、 冷輻射による冷え込みゾーンはなんと部屋のほぼ全体。複層ガラスを用いると、窓の断熱性が格段にアップし、冷え込みゾーンを大幅に減らすことができるのです。

室内上下の温度比較

高断熱・高気密住宅にすると、同じ室温でも暖かさの質に違いが出ます。充分な断熱をしていいない場合は、部屋の上下で温度差が大きく、なんとその差は10度以上になることも。一方、充分な断熱をした場合は、部屋の上下の温度差が小さいため、足元まで暖かく快適です。

  • 登志工務店が創造する森の家とは
  • 登志工務店のリフォーム施工例がパナソニックの「わが家見なおし隊」に掲載されました!!
  • 太陽光発電システム施工店
  • お見積り無料
  • 登志工務店の匠たち
  • 登志工務店の施工実績
  • 森の家ブログ
  • 登志工務店の家づくり TB外断熱工法 高気密・高断熱 計画換気 健康に配慮 伝統的工法
お電話でもお見積もり無料。お気軽にご相談ください。TEL048-768-8653
埼玉の登志工務店トップ森の家とはTB外断熱工法高気密・高断熱計画換気健康に配慮伝統的工法
業務案内新築改築古民家再生施工例完成までの流れごあいさつ匠の紹介お見積もり
インフォメーションアクセスマップリンクお問い合わせ会社概要プライバシーポリシー